試合詳細

高松宮杯 第7回全日本社会人選手権 決勝リーグ戦・1戦目

2017年5月19日(金)15:30~ 福井県営体育館(福井県)

終盤の集中打で、1勝目を挙げる

  • 北國銀行
  • ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング
  • 25
  • 20
  • 10 - 8
  • 15 - 12

開始早々に永田の速攻で先取点。5分にも永田が速攻で決めて、2対0とする。その後はチャンスを作るもミスで得点を奪えない中、寺田を中心としたディフェンスで踏ん張り、10分に佐々木のロングで追加点を挙げる。1点返された後、横嶋の7mスロー、佐々木が速攻で打ち込み、13分に5対1と主導権を握る。そのまま勢いに乗りたかったが、オフェンスミスから3連続、2連続失点で20分に同点にされる。そこからの4分間に1失点に抑えると佐々木が躍動し、ロングに2本の速攻を決める。更に八十島の速攻も決まり、10対7とリードする。27分に7mスローを得たが、相手GKに好捕された。嫌な流れで7mスローを与えたが、今度は橋本が好セーブで防ぎ、10対8で前半を終える。

後半開始早々に八十島のサイドでリードを広げるも3連続失点で同点にされる。4分に八十島がサイドで再びリードする。8分に河田の速攻が決まり、13対11とする。中盤の20分までは点の取り合いになる。鰍場のサイド、佐々木の7mスロー2本、角南の2本のカットインで得点するが、7点を奪われて、19対19の同点にされる。残り9分から集中打を見せる。まず八十島のサイド、25分には河田が速攻を決める。更に25分に八十島のサイドで22対19とリードを広げる。1点返された後、27分に佐々木のロング、28分に佐々木が落ち着いて7mスローを決める。止めは、角南がサイドを決めて、25対20で勝利する。

佐々木(7m 3点) 9点、 八十島 5点、 角南 3点
鰍場・永田・河田 各2点、 大山・横嶋(7m 1点) 各1点

< 試合一覧にもどる