試合詳細

高松宮杯 第7回全日本社会人選手権 決勝リーグ戦・2戦目

2017年5月20日(土)13:40~ 福井県営体育館(福井県)

苦しみながらも、決勝リーグ2勝目

  • 北國銀行
  • 広島メイプルレッズ
  • 22
  • 16
  • 13 - 9
  • 9 - 7

先取点は、新主将塩田が速攻で決める。序盤7分までは、3対3と互角の展開。8分に八十島が速攻を決めると大山の速攻、更に八十島の速攻も決まり、12分に6対3とリードする。今大会は一気に波に乗れない。6分あまり無得点で4連続失点で逆転を許す。18分に鰍場が速攻を決めて、同点に追い付くと佐々木のロング逆転に成功する。更に角南がチームに勢いをもたらす。速攻にカットイン、ロングで3連取。佐々木の7mスローも決まり、12対7とリードを広げる 2連続失点で追い上げられたが、29分に佐々木のロングで13対9として、前半を終える。

後半開始早々に永田のポストで得点するも17分までは、ディフェンスは踏ん張るが、得点が伸びない。横嶋のポスト、永田の速攻、佐々木の7mスローの4得点のみで、17対12とする。21分に秋山のサイドが決まるが、2連続失点を許す。22分に横嶋のロングが決まると橋本が7mスローをシャットアウトして、流れを渡さない。それに応えるように26分に秋山の速攻、角南のロングも決まり、27分には21対14とする。2連続失点を喰らうも終了間際に深田のロングがさく裂して、22対16で試合終了。

角南・横嶋 各4点、 佐々木(7m 2点) 3点
塩田・永田・八十島・秋山 各2点、 鰍場・大山・深田 各1点

< 試合一覧にもどる