試合詳細

高松宮杯 第7回全日本社会人選手権 大会ファイナル

2017年5月21日(日)13:40~ 福井県営体育館(福井県)

前半の猛攻で、4連覇達成

  • 北國銀行
  • 三重バイオレットアイリス
  • 25
  • 17
  • 17 - 9
  • 8 - 8

開始早々に河田のミドルシュートがさく裂して、幸先よくスタート。1分後に河田の7mスローも決まり、2対0とする。5分には、地元福井出身の八十島がサイドを決めて3対0。1点返された後、これまた地元福井出身の永田がポストで得点する。8分までは、5対3と拮抗していたが、8分に佐々木の7mスローでリードを広げると角南が速攻から打ち込む。更に八十島がサイドを決めて、11分に8対3と主導権を握る。中盤は互角の展開であったが、残り9分から5連取して、優位に進める。まず、佐々木の7mスロー、鰍場のサイド、河田の速攻にカットイン、横嶋のカットインも決まり、17対9で前半を終える。

後半立ち上がりはお互いにシュートまでいくものの、GKに好セーブされて、流れをつかめない。そんな中、河田がロングで先制する。16分までは、佐々木の7mスロー、秋山のサイド等で21対13とする。積極的に若手も投入し、ペースを上げにかかるが、ミスが相次ぎリードを広げられない。終盤には、佐々木のロング、ランニングシュートも決まり、1点返された後、角南がカットインを決めて、25対17で試合終了。4年連続5回目の優勝を飾る。

河田(7m 1点) 7点、 佐々木(7m 3点) 5点、 八十島 4点
横嶋 3点、 角南・永田 各2点、 寺田・秋山 各1点

【個人賞】  
優勝監督賞:荷川取 義浩
MVP:寺田 三友紀  
ベストセブン:横嶋 彩 、河田 知美  
最優秀新人賞 :佐々木 春乃

< 試合一覧にもどる