外国為替取引に関する基本方針

外国為替取引に関する基本方針

1.倫理

当行は、グローバル外為行動規範に則って、外為市場の公正性や健全性を促進すべく、倫理的かつプロフェッショナルに行動するよう取り組んでおります。
また、利益相反管理方針を公表し、お客さまの利益を不当に害することのないよう適正に業務を遂行しております。

2.ガバナンス

外為市場での活動にかかる責任を明確化し包括的な監督を行い、かつ外為市場への責任ある関与を促進するため、健全で効果的なガバナンス体制を整えております。

3.取引執行

頑健・公正で、開かれた、流動性が高く、透明な外為市場を実現すべく、取引の交渉や執行において注意を払っております。
当行は原則プリンシパル(※1)として外国為替業務に従事します。すなわち、お客さまのエージェント(※2)ではありません。
当行がお客さまとの取引に適用するレートは、当行が市場実勢と判断するレートにマークアップ(※3)を加えたオールインプライスとなります。オールインプライスは、取引の性質や複雑さ、金額に応じて、当行とお客さまとの取引関係等を踏まえて総合的に判断しており、同一又は類似の取引に対して、お客さま毎に異なる取引価格を提示することがあります。オールインプライスの内訳を開示する義務を負いません。

4.情報共有

分かりやすく正確なコミュニケーションや情報の機密性を確保することにより、頑健・公正で、開かれた、流動性が高く、透明な外為市場の実現を後押しします。

5.リスク管理とコンプライアンス

外為市場で発生しうるリスクを効果的に特定・管理・報告するための頑健な管理・コンプライアンス環境を整備しております。

6.取引確認と決済

予測可能で円滑かつタイムリーな外為決済を促進すべく、頑健・効率的・透明で、リスクを軽減できるような取引執行後のプロセスを構築しております。

  • ※1 プリンシパル
    自己の名義で取引を行う市場参加者のことをいい、お客さまの注文に関連するマーケットリスク等を引き受けて行動します。
  • ※2 エージェント
    お客さまの注文に関して自らはマーケットリスクを負わずに、お客さまの指示に従い、お客さまを代理して取引を執行する市場参加者をいいます。
  • ※3 マークアップ
    手数料のこと。具体的には、①市場実勢レートの仲値に付加するマージン、②お客さまからの取引依頼から約定に至るまでの間の相場変動をリスクヘッジするためのスプレッドのことです。