トップメッセージ

頭取

皆さまには、平素より北國銀行をお引き立ていただき、誠にありがとうございます。

2020年度はコロナ禍の中、不安定な経済情勢が続きましたが、お客さまのニーズにタイムリーかつスピーディーにお応えすべく役職員一同総力を結集し努力してまいりました。連結税引後で67億円の利益を確保し、1株あたりの配当は80円に増配することができました。お取引先の皆さま、株主さま、従業員など多くのステークホルダーの皆さまとの長期にわたる信頼関係の賜物であると深く感謝いたしております。

 

北國銀行は2021年10月1日に持株会社体制への移行を予定しております。企業理念として「豊かな明日へ、信頼の架け橋を ~ふれあいの輪を拡げ、地域と共に豊かな未来を築きます~」と掲げ、「北國銀行は、世のため人のために存在し活動する、人々の生活をより良いものにする、より良い社会にするため活動する」と謳っております。この理念とブランドに基づくビジネスをさらに発展・進化させることが、持株会社体制への移行の真の目的です。
 2021年2月より、「HOKKOKU LIFE+(北國ライフタス)」という北國デビットカード・クラウドバンキング・通帳レス・印鑑レスがセットになった新サービスを開始しました。「HOKKOKU LIFE+」は、さまざまな特典を続々と追加してまいりますので、お客さまの利便性はさらに向上すると期待しています。また、今秋までに、投資助言会社の設立を予定しており、資産形成やライフプランのご助言、サポート等の体制の充実を図ってまいります。法人のお客さまには、固有の経営課題の解決をさらに踏み込んでお手伝いさせていただくため、コンサルティング会社と投資会社を設立いたします。

これまで特に石川県内のお客さまには営業店の集約でご不便をおかけしてまいりました。施策に対するご理解を賜り改めて感謝申し上げます。デジタルへのシフトが叫ばれる一方、リアルな対話や人々の交流の重要性は一層求められています。営業店における土日営業を拡大して手軽に相談ができる体制を強化してまいります。特に大規模店については環境と省エネに配慮したネット・ゼロ・エネルギー・ビル(通称ZEB)施策を進めてまいります。
 コンプライアンスやガバナンスを強化し続けるだけなく、経営の透明性をさらに高め、情報開示を進めていきます。以前よりデジタル・トランスフォーメーション(DX)に注力しておりますが、今後はDXに加えGX、いわゆるグリーン・トランスフォーメーションも積極的に推進してまいります。今後とも変わらぬご理解とご支援をお願い申し上げます。

頭取 杖村 修司