ESG取組み方針・マテリアリティ

北國フィナンシャルホールディングスは、

企業理念

豊かな明日へ、信頼の架け橋を

~ふれあいの輪を拡げ、地域と共に豊かな未来を築きます~

を実践するため、

ESGへの取組みを通じて、お客さま・株主さま・地域社会・従業員など
あらゆるステークホルダーの皆さまと共に、持続的成長を目指して、歩んでまいります。

ESG取組み方針

  • 北國フィナンシャルホールディングスは、事業活動を通じてESG(環境・社会・ガバナンス)課題の解決に積極的に取組むことで、地域社会をはじめとした全てのステークホルダーの皆さまと共に、持続可能な社会を実現することを目指します。
    事業活動を通したESG課題解決と、持続的な収益向上の好循環により、企業理念「豊かな明日へ、信頼の架け橋を~ふれあいの輪を拡げ、地域と共に豊かな未来を築きます~」の実現につながると考えています。

  • 環境(Environment)

    地域と共に持続的に成長することを目指し、事業活動において環境へ配慮します。地域総合会社として、全てのステークホルダーと連携・協働を図りながら気候変動リスクへの対応や環境保全活動などに、自主的、継続的に取組むことで、低炭素循環型社会の実現を目指します。

  • 社会(Social)

    地域の価値創造に貢献できる高い専門性を持つ人材育成、多様性のある人材活用を通じ、全てのステークホルダーと協働することで、社会が抱える課題に取り組むとともに、新しい価値を創造します。


  • ガバナンス(Governance)

    全てのステークホルダーとの円滑な関係を維持し、コーポレート・ガバナンス体制を充実させ、企業価値向上を図るとともに、経営の透明性の向上とコンプライアンス遵守の経営を徹底します。


ESGに関するマテリアリティ

環境(Environment)

「企業の森づくり活動」や社員一人ひとりの「ペーパーレス」や「節電」による省エネをはじめとした環境保全活動に加え、
各地域の環境美化活動にも積極的に取り組んでいます。

社会(Social)

すべてのステークホルダーと協働し、地域とのつながりを深め、新しい価値の創造を目指しています。

ガバナンス(Governance)

企業理念の実現に向けて、経営の透明性の向上とコンプライアンス順守の経営を徹底します。

投融資方針及びセクターポリシー

ESG取組み方針及び、ESGに関するマテリアリティに基づき、投融資方針及びセクターポリシーを設定しています。