働き方

北國銀行のデジタルトランスフォーメーション

北國銀行が考えるデジタルトランスフォーメーションでは、単なるテクノロジーの活用だけでなく、広い定義の働き方(意思決定プロセス、権限、判断基準、組織文化等)も根本から変革しています。

プロジェクト形式・PMO、アジャイルな働き方

北國銀行が考えるデジタルトランスフォーメーションでは、単なるテクノロジーの活用だけでなく、広い定義の働き方(意思決定プロセス、権限、判断基準、組織文化等)も根本から変革しています。

ワークスタイル

SurfaceとiPhone

北國銀行では、2013年よりIT基盤再構築としてSurface(Microsoft)を導入しました。
その後、2016年には全社員へSurfaceとスマートフォンを配布し、ペーパーレス化や業務効率化を進めてきました。
そのため、以前より社内での会議や研修資料は全てデータ配信、決裁が必要な稟議等の申請も全て行内のグループウェアで完結といった体制にし、ペーパーレス・印鑑レス対応を完了させていました。

タブレットを活用した説明

また、グループウェアを活用して仕事のToDoリストやスケジュールなどを「見える化」することで、情報共有の迅速化とコミュニケーションの活性化を図っていました。
2020年10月には、IT基盤を更改し、新たにMicrosoft Teamsを導入しました。
お客さまとの面談の際は、意向にあわせてリモート面談も活用しています。
現在は業務に応じてテレワークを活用する等、よりフレキシブルな働き方が出来る体制となっています。

営業店の様子
MTの様子