• ホーム
  • News/お知らせ
  • 2017年
  • 国際協力銀行との保証契約に基づくインドネシア現地法人への融資実行について

お知らせ

平成29年12月22日

国際協力銀行との保証契約に基づくインドネシア現地法人への融資実行について

 株式会社北國銀行(頭取 安宅 建樹)は、株式会社国際協力銀行(総裁 近藤 章)との保証契約に基づき、当行取引先のインドネシア現地法人「PT HANKEN INDONESIA」に対し融資を本日実行しました。
 本スキームは平成28年1月にインドネシアで施行された「外貨建てオフショア債務に関する規制」に対応するものであり、これによる融資実行は北陸地域の金融機関では初めてとなります。今後も、インドネシアにおけるお客さまの資金調達ニーズに積極的にお応えするとともに、海外での事業展開を支援していきます。

1.融資先

PT HANKEN INDONESIA
※同社は、株式会社汎建製作所(本社 奈良県磯城郡、事業所 小松市)のインドネシア現地法人(従業員358名)として1995年の設立以来、建設機械用部品の製造・販売を手掛けてきました。

2.融資金額

80万米ドル(日本円約9,000万円)

3.借入目的

経済発展の著しいインドネシア及びその周辺国での建設機械の需要拡大が見込まれる中、同社は海外生産を拡大しており、今回、インドネシアの西ジャワ州において実施する、建設機械用タンクの製造・販売事業に必要となる設備資金を本件にて調達します。

4.本スキームについて

インドネシアでは、平成28年1月以降「外貨建てオフショア債務に関する規制」により、親会社あるいは現地法人子会社が一定の外部格付けを有していない場合、外貨建て(インドネシアルピア以外の通貨建て)かつインドネシア国外からの借入が行えない状況にあります。

本スキームは国際協力銀行の保証を付与することで規制の対象外となり、インドネシア現地法人の外貨建て借入を可能とするものです。

以上

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは
ダイレクトセンターへ

  • フリーダイヤル 0120-680-069

    受付時間 平日 9:00 ~ 20:00(銀行休業日を除く)